赤岩岳・大ナゲシ(西上州)

2020年12月26日(天候:快晴、積雪なし、人数:4名)
ニッチツ鉱山(8:00)→ 赤岩峠(9:30)→ 赤岩岳(10:35)→ 赤岩峠(11:40)→ 大ナゲシ(13:15)→ 赤岩峠(15:15)→ ニッチツ鉱山(16:30)

赤岩橋手前の路肩に駐車して出発。住宅廃墟の前を通り「右 群馬懸上野村ニ至ル」の石標に従って進む。見上げると赤岩岳の岩壁が朝日を浴びて明るく輝いている。明るく開けた落ち葉いっぱいの急傾斜地を詰めて赤岩峠に到着。右に進みルンゼを詰めるとコルに出る。左側のピナクルに登った後、コルに戻りちょっとした岩稜を登り、樹林帯の急な踏み跡をたどり、赤岩岳山頂に出る。下りは、コル手前の岩稜で安全のためロープを出して確保しながらコルまで下降。ルンゼを下り赤岩峠に戻り、大ナゲシを目指す。大ナゲシの下部岩稜は、左側の外傾バンドルートを選択。回り込んだ所で直登になり後ろが切れていて緊張する(ロープで確保した方がよかったかも)。クサリがある5メートル程の上部岩壁を登り山頂に立つ。下りは、上部岩壁、下部岩壁(下りは直登ルートを選択)共に、クサリや固定ロープがあるが垂直なので、念のためロープを出して確保しながら下降。再び赤岩峠に戻り、ニッチツ鉱山へ下山する。

周遊ラン(手賀沼周回)

2020年12月13日

北柏ふるさと公園の有料Pに車を置いて出発。柏ふるさと大橋を渡り、湖南側に移る。自転車、ランナー、歩行者用の広い遊歩道が整備されており、見晴らしもすばらしく快適なランが楽しめる。多くのランナー等が利用している。遊歩道は手賀沼東端のあけぼの橋まで約9キロ程続く。あけぼの橋を渡り湖北側に移ると、こちらも湖岸沿いに遊歩道が続く。湖南側ほど広くはないが、ランするには十分な幅だ。湖北側は湖南側に比べると人出はぐっと少なく、静かなランが楽しめる。遊歩道は手賀沼公園まで続き、その先は車道(手賀沼ふれあいライン)に付属する歩道を進み、北柏ふるさと公園まで戻る。日陰がないので夏は厳しそうだが、それ以外の季節であれば、起伏もなく、眺めもよく、トイレ・公園も整備されており、のんびりと、安心して楽しめる良いランニングコースだ。総走行距離:17.7km。

峠越えラン(碓氷峠)

2020年11月22日

碓氷峠は国道18号線の群馬、長野県境の標高960メートル程の峠である。現在では、碓氷バイパスや上信越自動車道の方がメインルートなので車の交通量は少な目でランするには好都合。横川駅前の鉄道文化むら駐車場に車を置く。旧熊ノ平駅までは、「アプトの道」を進む。アプトの道は、峠の湯までは、信越本線の片側の線路がコンクリートで固められた遊歩道、それから旧熊ノ平駅までは、信越本線旧線(単線、アプト式蒸気機関車が走行)の跡地(レールは撤去されている)を進む。多くの隧道(トンネル)を抜け、巨大なレンガ造りの「めがね橋」等の橋梁(橋)を渡る。旧熊ノ平駅からは、国道18号線の車道に降りる。ここから碓氷峠まで7km、標高差280m、カーブ102箇所(カーブ番号82~184)をひたすら登る。車は通るが交通量は多くなく、道幅も広いのでそれほど危険は感じない。碓氷峠には、峠表示の看板はなく、群馬、長野の道路標識と大きな石碑があるだけ、長野県側はなだらかでのどかで明るい、とんがり屋根の軽井沢駅らしきものも指呼の間。山深い群馬県側とは対照的な地形となっていることに驚く。旧碓氷峠への標識があったので、行こうかと思ったが、かなりかかりそうなので止めて、軽井沢駅に向かう。あっという間に到着。軽井沢駅からは横川駅行きのバスを利用(こちらは碓氷バイパスを通る)して車まで戻る。標高(横川:387m、旧熊ノ平駅:679m、碓氷峠:960m、軽井沢:939m)、Total Climb:794m、総走行距離:16.1km。

周遊ラン(江戸川 宝珠花橋~関宿橋周回)

2020年11月15日

江戸川堤防は春日部大凧マラソンで何度か走ったことがあるが、マラソン大会では宝珠花橋手前で、堤防を降りてスタート地点の庄和総合公園に戻るコースとなっている。そこで、今回は宝珠花橋から先を周回すべく計画。大凧公園に車を置いてラン開始。宝珠花橋を渡り、左岸を上流に向かう。右側は千葉県。堤防上は、所々狭い箇所もあるが、広くて、全て舗装されており走りやすい。関宿橋に着いたが、時間の都合上、利根川との合流部まで行くことは断念し、関宿橋を渡り埼玉県側の右岸堤防を進む。こちら側も全て舗装されており、国道並みの広さの箇所もある。宝珠花橋に戻り、出発点の大凧公園に到着して終了。総走行距離:14.5km。

三笠山(西上州 諏訪山前衛)

2020年11月2日
浜平(7:30)→ 湯ノ沢の頭(9:50)→ 弘法小屋(10:40)→ 三笠山(11:40)→ 浜平(16:00)

林道わきの広い駐車場に車を置いて出発。湯ノ沢沿いを何度か渡渉を繰り返し進み尾根上に出て左に進むと、直ぐ湯ノ沢の頭に着く。左から楢原からの道と合する。赤や黄色の紅葉に染まり切った中を稜線や、稜線を左に巻いたり、右に巻いたり、梯子やクサリ場を越えながら進み三笠山(ヤツウチグラ)に到着。特徴的な山容の天丸山や両神山が見える。当初予定の諏訪山まではもう一息だったが、小さな雨粒が落ちて来た。諏訪山まで行くことは止めて三笠山までとし、来た道を下山。諏訪山まで行けなかったのは残念だったが、素晴らしい紅葉の山を満喫した、静か(他の登山者は皆無)で充実した山行だった。

周遊ラン(猪苗代湖周回)

2020年10月25日

前日、猪苗代の天気予報は雨だったので別の場所へ行くことにして寝たが、当日朝の予報では晴れ間もありそうだったので、当初の計画通り猪苗代湖に向かった。そんな関係で、起きたのが遅く家を出るのが計画より2H程遅くなり、猪苗代湖に着いたのが10時近くになってしまった。途中で日が暮れることを想定して出発。

野口英世記念館のある町営無料駐車場(道路側でなく建物の湖側にある広い駐車場)に駐車して、猪苗代湖を左周りで周回すべく、R49を会津若松方面へ向かってラン開始。標識に従って、県道376(湖南湊線)へ入る。右側は会津レクリエーション公園となっている。以後、舟津まで376を進む。湖岸沿いを気持ちよく走れる所が多いが、そうでない場所もある。途中3か所ほど林道(山の中の道、登り降りあり)を進むが、1か所目と3か所目は大したことはない。2か所目(赤崎小倉沢線)は、距離も約10kmと長く、標高差も160m程の起伏があり、左側の急斜面からの落石跡も多く、眺望は全くきかず、おまけに雨で気が抜けない。すれ違ったのは3組の車だけ。湖岸まで降りてきて一息つく。秋山集落ではバス停の脇に自販機があり水分(ペットボトル)の補給できたが、売店はなかった。湖岸沿いを走りやがて舟津に到着。出発してから初めての売店があり、食料(パン)を補給。舟津からは、県道9号線(猪苗代湖南線)を進む。9号線は、やがて湖岸近くを通るようになるが、風もあり湖の波の音がゴーゴーと強烈で、荒れた海の波と変わらず、怖い感じさえする。長い洞門を抜けてしばらく進むと、R49へ出る。何とか明るいうちにR49へ出ることができほっとする。しばらく進むと右側に初めてコンビニを発見し、トイレ、飲食を補給。店の外に出て来た時には、すでに暗くなっており、山用のヘッドライトを取り出して進む。国道なので車の通りは多いが、人や自転車には全く会うことなく、無事に出発点の町営無料駐車場に到着。

天気は雨4割、曇り4割、晴2割、駐車場出発9:55~到着18:45(計8時間50分)、総走行距離:55.5km、Total Climb:1,227メートル、ザック(雨具、500ml水、パンケーキ、カロリーメイト、飴、ヘッドライト、着替えシャツ等)、食料の補給は舟津までできない(売店がない)。猪苗代湖は広大で走りがいは十分、機会があれば、今度は初春の晴天時にランしてみたい。

周遊ラン(隅田川(右岸)新志茂橋ー新神谷橋~築地大橋)

2020年10月18日

赤羽岩淵駅近くのコインパーキングに車を置いて出発。新河岸川に架かる最後の橋である新志茂橋から隅田川右岸を河口まで目指す。右岸は「隅田川テラス」としてきれいに整備されている箇所が多い。ただし、途中で通行止めとなっている箇所や右から支流が流れ込んで来る箇所もあり車道を迂回し、その分余計に走ることになる。迂回時にコンビニに寄って食事等する。下流になるに従ってランナー、散歩する人、観光客(特に浅草近くの吾妻橋辺り)も増えてくる(写真ではできるだけ人を避けて撮影している、人込みはとっていない)。隅田川は荒川と違って河川敷もなく、護岸の脇は水深の深い川となっている。両岸には大きな高層マンション、河口近くにはタワーマンションも多くスカイツリーもまじかにある。その一方で、係留されている屋形船や江戸時代の様子が描かれた絵、浅草など江戸を感じさせるものも多い。走りながらいろいろな風情が感じられる。いくつもの橋を越え、最後は有名な「勝鬨橋」を越え、「築地大橋」を渡り、左岸に出る。出発地まで左岸をランするのは時間的にも無理なので、勝どき駅でランを終えて地下鉄で、赤羽岩淵駅まで戻り車を回収。左岸ランは今後のお楽しみとする。総走行距離:30.8km。

周遊ラン(荒川 治水橋~秋ヶ瀬橋周回)

2020年10月11日

秋ヶ瀬公園駐車場に車を置いて出発。羽倉橋(東)に出て、左岸の堤防を上流に向けラン。左に広大な河川敷、右には埼玉新都心の高層ビルを眺めながら走ると、左側河川敷にさいたま市の荒川総合運動公園が出てくる。野球場やテニスコートがあるが前日まで長雨だったので閉鎖されている。さらに進むと、左岸河川敷に健保グランドがある。ここも多くの野球場やサッカー場、テニスコートがあり広大。治水橋を渡り右岸を下流に向かって進む。左側にはゴルフ場が続く。堤防が右側に湾曲した辺りで、河川敷に富士見市の運動公園が出てきて、羽倉橋(西)となる。これを横断し秋ヶ瀬橋を目指す。左側河川敷は志木市の運動公園、秋ヶ瀬橋手前で工事中で堤防は通行止めとなりフェンスが張ってあり入れない。車道へ迂回せず、踏み跡をたどり河川敷に降り、工事個所を迂回する。秋ヶ瀬橋を渡り左岸に出て、武蔵野線の線路の下を通て、彩湖駐車場を横切って彩湖北端の堤防に登る。彩湖は周回ランしてあるので、見覚えのある光景が広がる。ここから、秋ヶ瀬橋(西)まで戻る。左岸堤防を進むが、右は鴨川が流れている。やがて左側の河川敷に秋ヶ瀬公園の野球場やテニスコートが見えてきて羽倉橋(西)に到着、これを横断し、車を置いてある駐車場へ戻る。総走行距離:22.4km。

周遊ラン(榛名湖周回)

2020年8月10日

赤城大沼ラン後、榛名湖に移動し榛名湖と榛名富士を周回ラン。赤城大沼に比べ、人と車の多さに驚く。榛名湖は完全に観光地だ。テニスコートがある側の駐車場に車を置き、榛名湖を一周、その後、榛名富士を周回。榛名富士の北側(オートキャンプ場がある側)は静かでのんびりと走ったり、トレーニングしたりに良い。榛名湖側はトレーニングには向きそうにない。榛名湖の標高は1100メートルほどあり、下界に比べるとずっと涼しい。総走行距離:11.8km。

周遊ラン(赤城大沼周回)

2020年8月10日

赤城大沼の「おのこ駐車場」(満車)反対側の広場(ここもほぼ満車)に車を置いてラン開始。赤城神社の入口辺りから登り坂となり、しばらく進み左側から来る湖畔周回道路に入る。途中のキャンプ場では、水場で冷たい水が飲める。湖を左に見ながら進み、県道70号線の歩道に出る。これを進み、ビジターセンターの手前の信号を左折して出発点に戻る。気温は27℃位で下界の猛暑に比べると遥かに楽に走れる。日陰や湖面を吹き渡る風は涼しくて快適。標高が1300メートルあり、涼しく、アップダウンも適度にあり真夏のトレーニングには最適。総走行距離:5.1km。